青白磁印花輪花香合

価格 120,000円

時代:南宋  状態:上蓋に引っ付き有り、合い口に小さいホツ有り
径:6.3㎝   箱有ります

南宋時代の青白磁印花輪花香合です。
古くから日本では影青(インチン)と呼ばれ愛されています。個人的にはインチンと呼ぶ方がしっくりきます。
あがりも発色も良くお気に入りの一品です。
きっと1000年前の中国も夏は暑かったのでしょう。みずみずしい発色のインチンを眺めて涼をとったのかも知れません。