徳化窯白磁煎茶碗

【時代】 清朝
【寸法】 高3.5㎝ 口径6.1㎝ 重量132ℊ(五客で)
【箱 】 桐箱 
【状態】 一客高台にホツ(4)
【金額】 70,000円
※銀行振込の他にカード決済も行っております。

徳化窯の白磁は明の時代から見られ、清朝では主に輸出用として多くの物が作られました。日本では古くは白高麗や白南京と呼ばれ、他の焼き物と混同されてきました。
煎茶や中国茶を飲む際は、やはり白磁が一番相性が良いと思います。

販売中の商品についてのお問い合わせ・買取についてのご相談

美術品の出張買取、来店買取、相続評価、鑑定代行
ホームページにて販売中の商品についてのご相談・買取査定のご依頼など、お気軽にご相談ください。
また、お客様の大切な美術品を買い取り・相続表価・鑑定代行まで、様々な形でのご相談に対応します。
ご来店予約も受け付けております。

前の記事

瑪瑙巾床

次の記事

古染付角皿